[フラット35]史上最低を更新して、1.25%に低下

住宅金融支援機構は1日、長期固定型の民間提携住宅ローン「フラット35」の3月の金利水準を公表しました。それによると、融資期間21年~35年の最低融資金利は年1・25%となり、3ヵ月連続の低下となっています。前月から0・23%の低下で、過去最低だった2015年2月の1・37%を大きく下回る金利となりました。
また、20年以下の最低融資金利も年1・02%と3ヵ月連続の低下。1月に日銀が導入したマイナス金利の影響で金利水準を決める指標となる2月の長期金利が大きく低下しことが主な要因のようです。

投稿日: | カテゴリー:お知らせ

カテゴリー

アーカイブ

お問い合わせ

お家に関するご相談やご質問など、お気軽にお問い合わせください。

TEL.
0250-62-0236

【受付時間】9:00~18:00

© 2021 kk-suiken.com.